名古屋で英会話・英語の発音

無料体験レッスン

ニュースフィード

 
英語で発音が重要なワケ☺️
 
「楽器は弾けても楽譜は読めないプロはいる‼️
 
〜楽譜と演奏の関係〜
 
(実際弾く練習しないと)
楽譜が読めてもピアノは弾けない‼️
 
(実際話す練習しないと)
文字が読めても英会話はできない‼️
 
だから僕は
楽譜(文字)が読めてもピアノは弾けないから
弾く(会話)練習をより余分に力を入れてやっていくことで、
英語力が改善されると信じています。
 
 
ピアノの教育で、
弾くことはさせずにひたすら楽譜を学んで、
そら海外でピアノ弾いてこいっ‼️
恥をかいてこいっ‼️
って、あり得ないですよね。
 
例えば
日本の英語教育の場合は
それがあり得る。
 
超ハードですよね、
僕も当然そういう教育受けてきました‼️
 
 
具体的に、
音符♪はABCです。
手を実際に使った楽器の練習は発音練習です。
ピアノを弾くなら音符と手の動き両方学びますよね?笑
 
 
音符(発音)がまだ、
無理やりカタカナを英語に当てはめて
力技に頼っている人、
「いろはにほへと」楽譜から
アップデートされていない人
いらっしゃいませんか??
そんなパワープレーそろそろやめたい人のために···
 
魔法の発音矯正10分お試し会開催します♪
数個発音矯正できますよ😌
20日21日27日28日
土日の11:30-20:00までご予約にて承ります♪
魔法の発音矯正10分お試し会は大人も子供もOK‼️
500円です♪
 
よくある質問
 
【発音しかやらない教室⁉️
 
もちろん「おん♪ごがく教室」は
会話を前提として発音レッスンを最初の頃の入り口だけです‼️
 
発音といっても会話するまで4段階あり、
フリートークまで5段階プログラム化されています。
 
~ステップのイメージは点から波の協奏~
 
◇ファースト  点(発音)で学ぶ
◇セカンド   線(文章)で音を学ぶ
◇サード    波(感情)で音を学ぶ
◇フォース   立体(会話)で音を学ぶ(ここで発音より文法が重要になる)
◇ファイナル  波と波の協奏(フリートーク)で音を学ぶ→コミュニケーションの創造
 
ファーストステップは
スペルと音が正しくリンクするように、練習♪
 
1月25日に法人化1周年になります❣️
今まで個人事業の時から通算して
ネイティヴでは直せない
日本人独自の癖を約200人以上を矯正・調律してきました。
 
検定試験に関しては英検は準1級まで、TOEICは895点まで出す生徒さんがいる教室です。(発音を中心としている教室は比較的資格対策が
弱い傾向がある中、両軸を持っています)
 
【おまけ】
 
逆に
 
楽器は弾けても楽譜は読めないプロはいる‼️
セリフは言えても学校は出てない役者はいる‼️
 
だから、読み書きより、
実践や音声化を優先すべきだと信じています♪
 
「中学校に上がる前の全て子供におんごがく教室の発音矯正を受けてもらいたい」
それが僕の夢です。
 
というわけで、新教室遊びに来てくださいね(o^^o)

2018年 1月 17日(水)4:43

カテゴリー: | | コメント (0)