名古屋で英会話・英語の発音

無料体験レッスン

ニュースフィード

「ちょっとこの講師、英検落ちまくってるけど、

教室大丈夫??」

 

そんな声がそろそろ聞こえてくる今日この頃ですが、

ちょっとそんな話もいれながらの話題。

 

え??日本の英語教育って??

 

1世紀ちょっとほどの歴史の中で

 

英語教育の歴史に2つの源流が見られます。

そして現在、

 

福沢諭吉式、文明開化読解専門教育で行くか?

津田梅子式、帰国子女優位教育で行くか?

彷徨っています。

 

今までのの教授を生み出すシステムは

<日本人のアイデンティティのまま英語を読解することがゴール>

福沢式です。

 

それを脱しようとしていうのが、

<ネイティブのアイデンティティに沿ってトータルの英語力を上げることがゴール>

津田式です。(細かいところは置いておいて中心はそこにあります)

 

 

日本人の読み書きができて、

話す聞くができない直接の原因は、

福沢諭吉式、文明開化読解専門教育を始祖とし、

後継者が代々、あんまりしゃべれない教授を生産し、

またその教授が次世代のあんまりしゃべれない

英語の先生方を量産していくので、

あんまりしゃべれないよーという現状の教育方式があります。

(でも、留学すると、読み書きは褒められます。)

 

かと言って、

津田梅子式、ネイティブ優位教育では、

普通の99%の日本人には、

強引過ぎるでしょう!!

津田式だと、反動で日本人のアイデンティティは消滅しますね。

実際津田梅子が良くも悪くもそうでした。

 

 

2つの中間がないのが、

 

現在の日本の英語教育です。

 

特に話す、発話する、発音する、思考や感情をプレゼンする学習方法が

教授法レベルでプログラム化されてないのが

日本の英語教育の特徴と言えます。

 

 

ところが、日本人のアイデンティティもあり、

英検は1級程度で、

会話もできる状況が比較的低コストで、量産できればと考えれば?

 

 

どうでしょう?

1日100分くらいの学習×3~4年ほどで、英検1級レベルの力を発揮し

年収800万~1000万クラス

の仕事ができるようになれば、

時間がかからない投資ではないでしょうか?

 

 

このブログを書いている

私がかけたのは、

なんと

10万円未満

ですので、

かなり費用は低コストです。

英語圏は過去にイギリスに3週間ほど研修に行った

というだけです。

 

初心者向けの音から入る英会話上達法はほぼ完成されていますので

更に英検1級までの資格対策を準備しています。

ちなみに、

TOEICと英検1級との比較ですが、TOEIC950点~満点の人でも、英検1級取るのに、2年ほどかかったとか。

 

 

実は、今私がやってることは記録されていて、

汎用性のある日本人向け英語教育の在り方も、探っています。

それは発音から入って、だれでも取ろうと思えば1級まで取れる

「低コストで日本人向けの英語教育を完成させるため」

でもあるのです。

そのための調査もしています。

 

 

なので、1発~数発で合格しちゃうと、逆に調査できないんですよ。いいわけ笑

 

教室の話をさせて頂くと、

「英語でコンプレックスを感じる日本人を一人もいない状況を作りたい!!

自分自身が苦労した事があるから、その生徒さんに適切なアドバイスができる、

理念は応援する生徒さんは、成功させること!!」

 

そんな想いでレッスンをしていますので、

教えることを前提に、

今英検を(挑戦して)受けています。

 

また、他の先生がたが市販してやっているなんちゃら方式を

踏襲したら、自分で看板を立ち上げる資格はないと思っていますので、

あえて、やり方は独自にゼロから作っています。

 

このブログを読んで下さってる方には、

せっかくなので、

英語教育ってなんだろうみたいな、

きっかけになれば嬉しいです。

 

スピンアウトしましたが、

 

~次回、収穫期、論文満点への道のりの巻~

 

では、お楽しみに♪

 

つづく

2016年 6月 30日(木)2:50

カテゴリー:英検1級チャレンジ | | コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。